太陽光発電

  • ホーム
  • 太陽光発電

太陽光発電で光熱費を抑え、売電してお得に暮らす

太陽光発電は太陽の光を蓄電して、お家の電力として使えるシステムです。また、余った電力は電力会社に売ることで、生活の資金として貯めることもできます。初回の設置にはお金はかかりますが、今後を見据えるとそれ以上の価値をご体感いただけます。太陽光発電をご検討中の方も、視野に入れておられない方も是非知っていただいて欲しい、新しい生活スタイルをご案内いたします。

太陽光発電でできること

貯めた電力はご家庭の光熱費として使用できる

貯めた電力はご家庭の光熱費として使用できる

太陽光発電で貯めた電力はご家庭の光熱費として使用することができます。オール電化のご家庭の場合は、生活のすべての家電に電力を当てることができるので大変オトクな生活ができます。

余った電力を売ることで、生活の資金にできる

余った電力を売ることで、生活の資金にできる

電力をあまり使用しないご家庭の場合は、使わなかった電力を電気会社(中部電力等)に売ることが可能です。太陽光発電の設置時に契約した料金で売ることができるので、生活の資金に回すこともできます。

太陽光発電のメリットとデメリット

メリット

光熱費を節約できる

太陽光発電は蓄電した分、ご家庭で使うことができるので、電気代の高い時間帯は蓄電した電力を使用することで、電気代を節約できます。

売電できる

余った電力を電力会社に売ることで、生活の資金にできます。

環境にやさしい

太陽の光を利用して電気を創るので、環境にやさしいクリーンなエネルギーです。

非常用電源につかえる

災害時では、電力会社からの電力の供給は難しくなり、停電になります。太陽光発電は自家発電なので、停電時でも問題なく電力を使用することができます。

発電モニターで電力が見える

専用の発電モニターで電力の使用量や蓄電力が見えるようになります。数字で見ることができるので自然と電気に関する節約意識が生まれます。

電気代の値上げ影響を受けにくい

近年では電気代の値上げが多いですが、蓄電した電力をうまく使用することで、電気代の値上げの影響を受けずに生活することができます。

空調が効きやすい

ソーラー取り付けの分、屋根が厚くなるので外気温の影響をあまり受けず、空調が効きやすくなります。

デメリット

設置費用が高額

太陽光発電を導入する場合には、工事が必要になり、100万円~と高額になってしまいます。

維持費がかかる

屋外で発電するので、雨などの自然の影響を受けます。そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。

発電量が天候に影響される

太陽の光を吸収して蓄電するので曇りの日や雨の日はあまり電力を貯めることができません。

売電価格が安くなってきている

売電する場合は、電力会社が決めた価格で売ることができます。この価格が年々安くなっています。

ご検討中の方は、早いご決断を!
売電価格は年々安くなっています

太陽光発電は、「ご家庭の光熱費として電力を使用できる」というのが便利ですが、なんといっても「余った電力を売電して収入が得られる」というところに魅力が大きいですよね。ご検討中のお客様の中にも、売電をメーンで考えている方が多いかと思います。売電も視野に入れている方は、なるべく早い設置が必要です。それは、売電価格は年々安くなっているからです。
売電価格は、設置時の価格になるので、設置以降に売電価格が安くなっても影響は受けません。ご検討に長い時間をかけてしまうと、徐々に売電価格が安くなってしまうので、早めの設置をおすすめします。

安心してください。太陽光発電の設置は、まだ遅くはありません。

売電価格が数年前よりも安くなっているのは事実ですが、その分太陽光発電システムも進化しています。
現在でも設置費用は高く感じますが、格段に安くなり、発電効率もぐ~んと上がっています。
多くの電力を早い時間で、たっぷり蓄電できるので、売電価格が安くなっても、まだ遅くはありません。

0120-2062-34

メールでお問い合わせ

ページ上部へ